インクカートリッジの交換

会社のインクカートリッジが悪くなっていたら交換しよう

純正と非純正の違いについて

純正と非純正の違いについて

純正インクと非純正インクについて調べてみました。
純正のインクカートリッジは、メーカーの保障がついている。
なので交換してもらうことができる。
思い通りの色が印刷される。
というのが利点。
しかし値段が高い。
また非純正インクカートリッジは、単純に分けると互換インクとリサイクルインクに分かれます。
互換インクとはプリンターと互換性がある、いわば純正に近づけた新品。
リサイクルインクは使い終わったタンクに詰め替えたもの。
非純正インクは、安い。
探せばかなり安いものが見つかります。
しかし、インク漏れのおそれや、残量を検知しない場合がある。
色彩が違う。
という弱点があります。
どちらを購入するべきか、目安は使用するプリンターの保障期間が過ぎているのか。
もし、非純正のインクカートリッジでプリンターが不具合を起こした場合、メーカーによっては保障対象外となることもあるからです。
インクカートリッジは、保障期間が終わってから印刷物によって使い分け、というのが無難な使用方法かもしれません。


Sitemap